新築マンションと立地

新築マンションを選ぶ時、まずポイントとしたいのは「利便性」です。自分自身で持ち家をするときの選択肢として、一戸建て住宅とマンションがあるわけですが、マンションを選ぶ最大のメリットは都心に近い好立地を実現できることです。一戸建ての場合と違い、高額の土地代金を負担しなくてもよいマンションなら、同じ予算で家を購入するにしてもより都会に近い場所を選ぶことができます。
新築マンション・分譲マンションの利便性をはかる一つの指標として「駅からの距離」があります。最寄り駅はどこであるか?使用する線はどれか?特急や快速は停まるか?駅から徒歩で何分の距離か?などといったことを考えて選んでみてください。徒歩なら10分以内が理想です。
これは、新築マンションを実際に利用するときの価値もありますが、後に何らかの事情により手放す必要が出てきたときに、売り手がつきやすくなるというメリットもあるためです。一般的な傾向として、駅から徒歩10分以内の距離にあるマンションは大幅に値下がりをすることはほとんどありません。反対に、買い替えなどをするときに徒歩10分を超えた場所にあるマンションは低めにせざるを得なくなってしまいます。
購入時に新築マンションであると、それだけで大きな価値があるものですが、手放すときには中古マンションとして他の物件との比較をされることになってしまいます。「徒歩10分」を一つの目安として、便利な物件選びをしましょう。